ETCカード比較・即日発行特集

HOME

ビックカメラSuicaカード

詳細⇒ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、抜群のポイントプログラムを提供。管理人も是非とも手に入れたいと考えている1枚です。ビックカメラの利用機会があるに越したことありませんが、必ずしもビックカメラのユーザーである必要はありません。

ビックカメラSuicaカードは、基本ポイント還元率1.0%のため、ETC利用はもちろんのこと、普段使いのメインカードとしても利用価値の高いカードです。Suicaも搭載されており、チャージするだけで1,000円につき6ポイント(15円相当:還元率1.5%)還元。

電子マネーのチャージでこれだけ還元してくれるカードはVIEW系のカードくらいしかありませんので是非検討されることをお勧めします。

ちなみにビックカメラで電化製品等を購入した場合の還元率は何と10%。ビックカメラは電化製品だけが販売されているわけではありません。ゲームソフトやゴルフ用品その他様々な商品が販売されていますので、行ったことがないという方は一度のぞいてみるのもいいでしょう。

ポイントプログラム

ビックカメラSuicaカードの魅力は繰り返しになりますが、何と言ってもポイントプログラムにあります。一般カード利用及びビックカメラでの商品購入に利用した場合は『ビックポイント』が貯まり、JR東日本で定期券や切符を購入した場合、Suicaへのチャージを行った場合は『ビューサンクスポイント』が貯まります。2つのポイントは独立して貯まっていきますが、相互に交換することが可能ですので、使い勝手も悪くありません。

ビックポイント

ビックカメラでの商品購入にビックカメラSuicaカードを利用した場合、1,000円につき100ポイント(100円相当)が貯まります。1,000円利用で100円相当のポイントですから還元率は10%。恐るべき還元率です。また、ビックカメラ以外の通常カード利用の場合(ETCカード含む)は、カード利用1,000円につき10ポイント(10円相当)が貯まります。通常利用で還元率1%は十分な率と考えて問題ありません。

ビューサンクスポイント

そして、もうひとつがビューサンクスポイントです。これは、JR東日本で定期券や切符の購入・Suicaへのチャージを行うことで1,000円につき6ポイント(15円相当)が貯まります。還元率は1.5%。これも驚異的と言っていいでしょう。

ポイント活用

以上のような形で2つのポイントが別々に貯まっていきますが、先にも触れたように相互に交換可能です。

ビックポイントは、ビックカメラでのショッピングに1ポイント=1円として利用することが可能です。キャッシュを払わずにポイントで家電製品を購入できるのが嬉しいですね。もちろん、不足分を現金払いにすることも可能です。ビックカメラで欲しいものがない場合は、Suicaに1,000ポイント=1,000円としてチャージすることも可能です。

逆にビックカメラで欲しいものがある場合は、ビューサンクスポイント400ポイントをビックポイント1,000円に交換してショッピングに利用することも可能。ただ、Suicaの利用機会がない方やSuica対応路線に乗る機会がない方、ビックカメラで家電製品などを購入する機会がない方にはポイントの使い道に困ることがあるかもしれません。

年会費

ビックカメラSuicaカードの年会費は初年度無料で次年度以降477円(税別)がかかります。しかし、年1回以上のクレジット利用(金額不問)で次年度の年会費は無料になりますので、気軽に持つことが可能。ただし、その場合でも、ETCカードの年会費477円(税別)はかかりますのでご注意を。

なお、毎月のカード利用明細を郵送タイプのものからWEB明細にすれば、明細発行の都度ビューサンクスポイントが20ポイント(50円相当)もらえます。毎月20ポイント獲得すれば年間で240ポイント(600円相当)になりますので、これでETCカードの年会費をチャラにすると考えるのもいいでしょう。※実際にポイントで年会費を払うことはできません。あくまでも考え方の問題です。

オートチャージ機能

オートチャージ機能を設定すると、JR東日本や首都圏の私鉄・地下鉄のオートチャージ対応の改札を通る際に自動的に一定額(1,000円刻みで最高1万円まで)がSuicaにチャージされます。

モバイルSuicaを利用されている方の場合は、いつでも携帯で簡単にチャージできますが、カード型Suicaの場合は、オートチャージ機能を利用するか、駅構内に設置されているATM『VIEW ALTTE』、またはチャージ可能な券売機でチャージするくらいしかチャージ方法がないため、オートチャージ機能は便利です。

モバイルSuica年会費当面無料

携帯にSuicaアプリをダウンロードしてカード番号その他氏名や住所などを登録すると携帯電話をSuicaとして利用することができます。ビックカメラSuicaカードそのものにSuica機能が搭載されているのでモバイルSuicaをわざわざ利用する必要もないかもしれませんが、その辺はユーザーさん個々の判断にお任せします。

ちなみに管理人はモバイルSuicaを使っていますが、とても便利です。電車に乗る時はもちろんですが、ファミリーマートやミニストップで買い物をする際に頻繁に使っています。ちなみに、モバイルSuicaのチャージ用カードとしてビックカメラSuicaカードを登録することは可能ですが、年会費は当面かからないとのこと。あくまでも当面ですので、いつか有料になるのでしょう。

その他の特典

ビックカメラSuicaカードに付帯しているその他の特典です。多いので一覧にしました。詳細について知りたい方はオフィシャルサイトでご確認下さい。

  • WEB明細への切り替えで明細発行の度に20ポイント(ビューサンクスポイント)プレゼント※50円相当
  • 海外旅行保険(最高500万円)
  • 入院・通院保障付きの国内旅行保険(最高1,000万円)
  • 『ガーラ湯沢』のリフト券10%off。ガーラ湯沢スキー場内の商品も10%off(500円以上購入時)
  • JR東日本ホテルズの宿泊料金が最大20%off
  • JR東日本ホテルズへの宿泊・直営レストラン等の年間利用額10万円毎に5千円分ホテル宿泊券プレゼント。
  • 駅レンタカーを割引料金で。
  • ジェイアール東日本物流の引越しが5%off

ビックカメラSuicaカード総評

基本還元率1.0%。ビックカメラで使った場合は10%。JR東日本での定期などの購入・Suicaチャージで1.5%。還元率の高いカードをお探しの方にはお勧めです。ETCカードの年会費477円(税別)はできれば無料にして欲しいですが、カード全体のスペックからするとこれくらいは許容範囲と管理人なら考えます。

詳細⇒ビックカメラSuicaカード

カード名称 ビックカメラSuicaカード
年会費 本会員 税別477円 初年度無料
※年1回以上のクレジット利用で次年度は無料。
家族会員 発行されていません
ETCカード 年会費 税別477円
発行手数料 無料
申込資格 18歳以上で電話連絡が可能な方
カード発行(目安) 1週間
国際ブランド VISAJCB
発行会社 株式会社ビューカード

【関連ページ】VIEWカード比較表/Suica付きのETCカード


↑即日発行が可能なETCカード↑