ETCカード比較・即日発行特集

HOME>ガソリン代節約の裏技

ガソリン代節約の裏技

ガソリン代が高騰しています。そんな時に持っていて助かるのがガソリン代お得カード。その代表格と言えば、出光カードまいどプラス。確かに、いつでもリッター2円のキャッシュバックは嬉しいサービスの一つかもしれません。

しかし、ガソリン代で得したいという場合、必ずしもガソリン代お得カードと一般に言われているカードを選択することがベストとは限りません。

出光カードまいどプラスの場合で言えば、出光のガソリンスタンドを利用しなければキャッシュバックを受けることができません。当然といえば当然の話しですが、利便性の問題が残ります。

ドライブ中、給油したいと思った時に、いつでも出光のガソリンスタンドがあるとは限らないからです。それに、出光で給油することが必ずしもいいとは限りません。隣のJOMOの方が安いかもしれませんし、その隣のセルフの方がもっと安いかもしれません。

近隣に単価の安いガソリンスタンドがあるにもかかわらず、リッター2円のキャッシュバックを受けるべく出光で給油すると言うのは明らかに本末転倒な話しと言えるでしょう。リッター単価が2円以上の開きがあれば、出光で給油せずに安い方で給油する方がごくごく自然な選択です。

つまり、ガソリン代お得カードと言われているカードの多くは、特定系列のガソリンスタンドに縛られるという利便性の低さという要素を含んでいるため、せっかくカードを作ってもカードをフルに活躍させることができないという問題が生じてしまうのです。

では、ガソリン代で得なり節約ができて、なおかつこのような利便性という問題を解消することは全くできないのでしょうか?

利便性の低さという問題を解消しながらもガソリン代で得をする。それを実現できるのは、当サイトで最強ETCカードとして紹介しているエキサイトカードUPtyです。

エキサイトカードUPtyについての基本的なことは、最強ETCカードあるいはエキサイトカードUPtyで説明しているので、そちらを参照して下さい。では、一体なぜエキサイトカードUPtyがガソリン代節約に力を発揮するのか?

そもそもエキサイトカードUPtyは、ガソリン代お得カードという部類のカードではありません。出光で給油してもJOMOで給油しても特別に何かもらえるという訳ではありません。

では、一体エキサイトカードUPtyのどこにガソリン代節約の秘密が隠されているのか?エキサイトカードUPtyの優れている点の一つ目は、どこの系列のガソリンスタンドでも同じように得することができるという点にあります。

出光を利用しなければならない。JOMOを利用しないと得しないといった制約はありません。つまり、利便性という点で優れているのです。これで問題の一つはクリアです。

次ぎにここからが本題です。1,000円切りが使えるという点です。あまり聞きなれない言葉かもしれません。最近、セルフのガソリンスタンドが増えていますが、ガソリン単価も比較的安いため、多くの人が利用しています。

セルフの場合、満タンにすることもできれば、10Lあるいは20Lなどと給油量を自分で決めることも可能です。さらには1,000円分、あるいは2,000円分といったように、給油額を自分で決めることもできますが、そこが狙い目です。

フルサービスのお店でもできないわけではありませんが、恥ずかしいということもあるので、なかなかそのようなことはできないでしょう。そこで登場するのがエキサイトカードUPtyの1,000円切りです。

エキサイトカードUPtyのポイントプログラムには、「ご利用件数スマイル」と言って、1,000円以上のカードショッピング1件につき1スマイル追加でもらえるサービスがあります。スマイルとは一般的に言うポイントのことを意味します。

2,000円でも1スマイル、5,000円でも1スマイルもらえる。通常のスマイルにプラスしてボーナス的にもらえるわけです。1,000円以上で1スマイルということは、1,000円ピッタリにすれば一番効率よくスマイルを集めることができるということは容易に分かると思います。

給油の際、1,000円ぴったりの給油をすると、通常もらえる2スマイルに加えて、先のご利用件数スマイルが1スマイルもらえるので合計3スマイルもらえる計算になります。1スマイルは5円の価値がありますので、1,000円分給油すると15円分のお得になります。

還元率にして1.5%。リッター140円とした場合、出光カードまいどプラスのキャッシュバック率は、1.43%。本家本元のガソリンカードの出光カードまいどプラスを上回っています。

実際のところ、ガソリン単価が上がっているので、1,000円くらいでは大して給油できません。なら、同じことを2回、3回と繰り返せばいいのです。あまり何度もやると待っている人にも迷惑になるので、せめて2,3回にとどめておくのが無難でしょう。

ここでちょっとシュミレーションをしてみましょう。仮に毎月の給油額を10,000円として先に紹介した方法で1年間給油し続けたとします。すると1年間で3×10×12=360スマイル。金券換算で1,800円分のお得です。

さらに単純に給油のみにエキサイトカードUPtyを使った場合、2年目以降は「クラステージスマイル」と呼ばれるボーナススマイルも加算されますので、年間で384スマイル、金券換算すると1,920円のお得です。還元率も1.6%*と上昇します。(*1,920×100/120,000=1.6%)

額にしてしまうと大したことないようにも見えますが、それでも本家本元の出光カードまいどプラスを上回り、なおかつ利用するガソリンスタンドに縛られないという意味においては、優れていると言うことができます。

ちなみにエキサイトカードUPtyには、最初の5ヶ月間に限っての話ですが、スマイル10倍という入会特典があります。この期間中に1ヶ月1万円ずつ先の方法で給油すると600スマイル、金券換算で3000円もの得をするという計算になります。

5万円分の給油で3,000円のお得ですから実に6%の還元率という計算になります。エキサイトカードUPtyで貯めたスマイルは、1,000スマイルで5,000円分のUCギフト券と交換することが可能です。また、400スマイル以上で楽天スーパーポイントへ移行することも可能。

そもそも、エキサイトカードUPtyはメインカードとして使える還元率の高いカードです。給油時にこのような使い方をすれば、より一層エキサイトカードUPtyの力を発揮させることが可能になります。

1,000円刻みで利用することでポイントの取りこぼしがなく、超高率的なカード利用が実現できるというわけです。要はお得度の度合いを取るか、利便性を重視するか。個々人の判断に委ねられることになります。

エキサイトカードUPtyに関しては、最強ETCカード、エキサイトカードUPtyで詳しく解説しています。そちらもご参照下さい。


↑即日発行が可能なETCカード↑