ETCカード比較・即日発行特集

HOME

STEERING PASS

STEERING PASSカード

STEERING PASSは、その名のとおりドライバー向けに企画されたカードで、ガソリン代や高速料金のポイント還元を重視した設計になっています。カード券面も車のメーターをイメージしたデザインで、まさにドライバーズカードのイメージにピッタリのカード。

JCBブランドのSTEERING PASSカードに至っては最高クラスのロードサービスが付帯するなどドライバーにとっては嬉しい特典が盛りだくさん。ロードサービスと言えばJAFが有名ですが、その内容はJAFをも凌ぐものとなっています。

従来からロードサービス付帯のクレジットカードは、発行されてはおりまりたが、ここまでアフターサービスが充実したものはなかったため、多くのドライバーから支持を集め、人気急上昇中のカードとなっています。

カード年会費は選択する国際ブランドにより異なります。VISAブランドの場合は永久無料で、ロードサービスが装備されているJCBブランドの場合は税別953円(初年度無料)の年会費がかかります。

ガソリン代・高速代がお得

STEERING PASSカードの魅力の一つがポイントプログラムです。カード利用1,000円毎に1ポイント付与。有効期間も3年と一般的なカードの有効期間が2年しかないのと比べると多少有利になっています。100ポイントで500円のギフト券と交換可能なため、比較的早くギフト券ゲットに漕ぎ着けることができます。

特にドライバーズカードということもあり、ガソリン代・高速料金のETCカードによる支払いはポイント2倍となっているため、車に乗る機会の多い方ならあっという間にギフト券を獲得することができるはずです。

ポイント2倍に関しては、ガソリン代・高速料金に加えてカー用品店(モンテカルロなど)や携帯料金も対象となっています。

加えて誕生月はポイント2倍。また、集計期間内にカード利用額が30万円を超えると次月から翌年度までポイント1.3倍に。また70万円を超えると翌年度までポイント1.5倍になるなど、使えば使うほどお得なカードとなっています。

最上級のロードサービス

ロードサービスの会員資格を持つということは、ドライブ中の安心とトラブル時の経済的メリットの両方を同時に得ることを意味します。トラブルなどないに越したことはありませんが、いざという時にあると助かるのがロードサービスです。

ただ、ロードサービスは会員資格がなければ利用できないというものではなく、広く非会員の方にも開放されています。であれば、わざわざロードサービスの会員資格など持っていなくてもいいと思われるかもしれませんが、必ずしもそうとは言えません。

会員・非会員で異なるのは利用した際の料金です。スタッフが車に乗って、かつ時間を掛けて対応してくれるのですから、それなりにコストがかかります。簡単なバッテリー上がり程度の対応でもかなりの費用がかかります。

現にロードサービスで有名なJAFにバッテリー上がりで依頼した場合、基本料金だけで8,230円(税込)。加えて作業料金が4,650円(税込)。合計12,880円(税込)。結構な額ですね。夜間になると基本料が10,290円(税込)に跳ね上がるので、合計14,940円(税込)もかかってしまうのです。

会員資格さえ持っていればこの程度のものは無料で対応してもらえます(30分以上の作業になると超えた分は有料)。費用が掛かるケースもありますが、ガス欠時のガソリン補充だったり、スペアタイヤを持っていなかった時のタイヤ代などの実費分だけというのが基本です。

というように、ロードサービスの会員資格を手に入れるということは、安心感と経済的メリットの両方を同時に手に入れることを意味するのです。

STEERING PASSカードのロードサービス

STEERING PASSカード(JCB)に装備されているロードサービスは、日本ロードサービス(JRS)により提供されています。JRSの会員資格を持っていると自動車だけでなく、バイク・原付といった二輪車の場合も対応してもらえます。自分がドライバーとして運転していなくても、知人の車などに同乗している場合でもOK。会社の車を運転中でももちろん対応してもらえます。

他のロードサービスと比較してJRSが秀でているのは、何と言ってもアフターフォローサービスです。アフターフォローサービスを利用するケースというのは、比較的大きな事故やトラブルなどで自走不能になった時。

そのようなケースで、宿泊を要する場合は宿泊費用15,000万円まで負担してくれますし、宿泊先まで送迎もしてくれます。レンタカーが必要な場合もレンタル費用を(ガソリン代は自腹)6時間まで負担(6時間を越える場合は20%引き)してくれますし、その他公共交通機関を利用する場合も2万円まで費用負担してくれます。

このようなアフターフォローサービスは、JAFをはじめとする他のロードサービスにもないわけではありませんが、全て情報提供のみで費用負担までは行ってはくれません。

ショッピング保険

STEERING PASSで購入した商品が破損・盗難などで被害を受けた場合に被害額を補償してくれるショッピング保険が付いています。購入日から90日以内で年間150万円までが限度となります。

カード名称 STEERING PASSカード
年会費 本会員 VISA:永久無料
JCB:税別953円 初年度無料
家族会員 VISA:永久無料
JCB:税別953円 初年度無料
ETCカード 年会費 永久無料
発行手数料 無料
申込資格 高校生を除く18歳以上の方。20歳未満の場合は親権者の同意が必要。
カード発行(目安) 2週間程度
国際ブランド VISAJCB
発行会社 株式会社セディナ

↑即日発行が可能なETCカード↑